コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成長点 せいちょうてん

2件 の用語解説(成長点の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せいちょうてん【成長点】

茎や根の先端にあって、活発に分裂して新しい組織を作る部分。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成長点
せいちょうてん

植物の茎と根の先端にあって、細胞の増殖、器官形成といった顕著な形成活動を行う部分をいい、多くの場合、植物体はその一生を通じてこうした活動を続けていく。「生長点」とも表記される。成長点は単なる「点」ではなく、活発に分裂する細胞からなる頂端分裂組織である。茎の成長点は茎頂ともよばれ、外側を若い葉で囲まれ、一般に半球状で側面に葉、枝、花などの原基を形成する。また、根の成長点は先端部と根冠によって保護されており、根の内部で各組織を形成する。[相馬研吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成長点の関連情報