成阿(1)(読み)じょうあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「成阿(1)」の解説

成阿(1) じょうあ

?-? 南北朝時代の連歌師
救済(ぐさい)の門人。二条良基にみとめられ,永徳3=弘和(こうわ)3年(1383)の等持院(足利尊氏)忌和漢聯句会や至徳2=元中2年(1385)の石山百韻などに参加。北野千句奉行をつとめた。「菟玖波(つくば)集」に3句がのっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android