弘和(読み)コウワ

大辞林 第三版の解説

こうわ【弘和】

南朝の年号(1381.2.10~1384.4.28)。天授の後、元中の前。長慶・後亀山天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうわ【弘和】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1381年から1384年まで、長慶(ちょうけい)天皇、後亀山(ごかめやま)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は天授(てんじゅ)。次元号は元中(げんちゅう)。1381年(天授7)2月10日改元。1381年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたることから改元が行われた(辛酉改元)。弘和年間の北朝の天皇は後円融(ごえんゆう)天皇、後小松(ごこまつ)天皇。北朝は、康暦(こうりゃく)(1379~1381年)、永徳(えいとく)(1381~1384年)、至徳(しとく)(1384~1387年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうわ【弘和】

南北朝時代、南朝の長慶天皇、後亀山天皇の代の年号。天授七年(一三八一)二月一〇日、辛酉革命により改元。北朝の後円融天皇、後小松天皇の代の永徳元~四年にあたる。弘和三年一〇月から後亀山天皇の代。弘和四年(一三八四)四月、元中(げんちゅう)と改元された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弘和の関連情報