我が君(読み)ワガキミ

デジタル大辞泉の解説

わが‐きみ【我が君】

[連語]
私の主君。あがきみ。
「―判官殿は、頼朝のおん代官として」〈謡・舟弁慶〉
相手を親しみ敬っていう語。あなたさま。あがきみ。
「―は千代に八千代にさざれ石のいはほとなりて苔のむすまで」〈古今・賀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わがきみ【我が君】

( 連語 )
尊敬の気持ちを込めて主君を呼ぶ語。 「 -は千代に八千代に/和漢朗詠
敬愛の気持ちを込めて相手に呼びかける語。 「 -、はらまれおはしましたりし時より/源氏 薄雲

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わが【我が】 君(きみ)

① 私の主。主人に対して親しみ敬っていう語。あがきみ。
※古今(905‐914)賀・三四三「わがきみは千世にやちよにさざれ石のいはほなりて苔のむすまで〈よみ人しらず〉」
② あらたまって相手に呼びかける語。許しや哀れみを乞う時が多い。あがきみ。
※今昔(1120頃か)二四「我が君、大なる理に候ふ。尚、免し給はらむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android