八千代(読み)やちよ

  • 八千代 (ヤチヨ)
  • 地名

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵庫県中部,多可町南西部の旧町域。加古川の支流野間川流域にある。 1954年野間谷村と大和村が合体して八千代村となり,1960年町制。 2005年町,加美町と合体して多可町となった。大部分山地。野間谷は凍り豆腐本場大和では播州先染織の機業が行なわれる。北部笠形山千ヶ峰県立自然公園に属する。
広島県中部,広島市の北に接する地区。旧町名。 1955年刈田村と根野村が合体して八千代村が発足。 1960年町制。 2004年3月吉田町など5町と合併し,安芸高田市となった。大部分が山地で,米作と野菜の栽培をしてきたが,現在は家具や縫製,自動車部品などの工場が進出している。 1974年に完成した可愛川 (えのかわ) の土師 (はじ) ダムは,中国地方では初めての,分水界をまたいで日本海側から瀬戸内海側へ分水するダムである。国道 54号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

八千年。また、きわめて多くの年代
「わが君は千代に―に細(さざ)れ石の巌(いはほ)となりて苔のむすまで」〈古今
千葉県北西部の市。印旛(いんば)疏水路の新川が貫流近郊農業が行われ、住宅地・工業地。人口19.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

三重の日本酒。酒名は、子々孫々八千代にわたる繁栄を願って命名純米酒を中心に醸造。濃醇な味わいが特徴。原料米は主に山田錦。仕込み水は鈴鹿山系の伏流水蔵元の「小川本家」は明治元年(1868)創業所在地は津市河芸町一色。
山口の日本酒。大吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。原料米は自家栽培の山田錦など。仕込み水は阿武川の伏流水。蔵元の「八千代酒造」は明治20年(1887)創業。所在地は萩市大字吉部下。
秋田の日本酒。酒名は、国家の繁栄と社運隆昌の願いを込めて、国家「君が代」の一節を引用したと伝えられる。「杜氏鶴松」はロングセラーの吟醸酒。ほかに大吟醸酒、吟醸酒、純米酒、普通酒などがある。平成2、20年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は秋田酒こまち美山錦など。仕込み水は奥羽山脈の伏流水。蔵元の「八千代酒造」は大正4年(1915)創業。所在地は仙北郡美郷町六郷字本道町。
鹿児島の黒糖焼酎。1次醪(もろみ)、2次醪を米麹で造り、3次仕込みで黒糖を加える。常圧蒸留したあと1年以上熟成させて瓶詰する。原料は黒糖、米。アルコール度数20%、25%、30%。蔵元の「西平本家」は大正14年(1925)創業。所在地は奄美市名瀬古田町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

秋田県、八千代酒造合名会社の製造する日本酒。
鹿児島県、株式会社西平本家が製造・販売する黒糖焼酎。
大蔵省専売局が1915年、大正天皇即位の大礼を記念して発売した紙巻たばこ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

非常に永い年代。 千代に-に
千葉県北部、下総台地西部の市。大規模な住宅団地や工業団地が開発され、都市化が進む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 八〇〇〇年。また、ひじょうに多い年代。よろずよ。
※古今(905‐914)賀・三四五「しほの山さしでのいそにすむ千鳥きみがみよをばやちよとぞなく〈よみ人しらず〉」
植物いわちどり(岩千鳥)」の異名。《季・夏》
[2] 千葉県北西部の地名下総台地にある。かつては酪農が盛んだった。京成本線、東葉高速鉄道が通じ、住宅都市として発展。昭和四二年(一九六七)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八千代の関連情報