コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒定 かいじょう

1件 の用語解説(戒定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戒定 かいじょう

1750-1805 江戸時代中期-後期の僧。
寛延3年生まれ。大和(奈良県)の真言宗長谷寺で真言,法相(ほっそう),華厳(けごん)をまなぶ。江戸護国寺の代補,享和3年(1803)江戸宝仙寺の住持となった。豊山(ぶざん)派の学僧として知られた。文化2年1月23日死去。56歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。俗姓は永井。字(あざな)は定恵。号は金猊園。著作に「二十唯識論述記帳秘録」「華厳五教章帳秘録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

戒定の関連キーワード菱田縫子鞍岡蘇山島篆癖辻丹甫出目満猶花江戸住平賀東巌広瀬群鶴森俊韶山岸秋良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone