コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定恵 じょうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定恵 じょうえ

643-666* 飛鳥(あすか)時代の僧。
皇極(こうぎょく)天皇2年生まれ。藤原鎌足(かまたり)の長男。白雉(はくち)4年(653)遣唐大使吉士長丹(きしの-ながに)にしたがって唐(とう)(中国)にわたり,天智(てんじ)天皇4年唐の劉徳高(りゅう-とくこう)とともに帰国した。「家伝」によれば,長安慧日道場で神泰に師事したという。天智天皇4年12月23日死去。23歳。生没年大化元-和銅7年(645-714)の説がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

定恵

没年:天智4.12.23(666.2.2)
生年:皇極2(643)
飛鳥時代の僧。藤原(中臣)鎌足の長男。白雉4(653)年に遣唐使に従い入唐,長安の慧日の道場に住し,神泰について学ぶ。天智4(665)年に唐の劉徳高の船により帰国するが,同年12月23日,大和国(奈良県)大原に没した。時に23歳。百済人による毒殺であるという。後世,彼を天智天皇の落胤とする説や,和銅1(708)年に帰国して大和多武峯を開き,鎌足の遺骸を摂津国安威山(大阪府)より改葬して十三重塔を建立し,同7年に70歳で没したとする説もあるが,信憑性には疑問がある。

(若井敏明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の定恵の言及

【藤原鎌足】より

…平生から仏教に心を寄せていたので,嫡妻の鏡女王(かがみのおおきみ)は大津京の南西の山科(やましな)にあった別邸を寺とし,翌670年閏9月の本葬もこの山階寺(やましなでら)(興福寺の前身)で行われた。また,2人の息子のうちで長男の貞慧(じようえ)(定恵とも。643‐665)は僧とし,11歳で唐に留学させたが,帰国後まもなく病死。…

※「定恵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定恵の関連キーワードユイリン(楡林)地区太山寺(兵庫県)坊門局(1)道禅(1)藤原不比等杉本忠恵談山神社心華元棣中臣鎌足足柄城大法寺聖林寺鶏足寺太山寺桑実寺没年安達覚勝義通戒定

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定恵の関連情報