コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒香 カイコウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐こう〔‐カウ〕【戒香】

持戒の人の徳が四方に影響することを、芳香の遠くまで香ることにたとえていう語。
「忍辱(にんにく)の衣を著(き)つれば、―匂ひにしみ薫(かほ)りて」〈栄花・玉の台〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいこう【戒香】

〔徳が四方に及ぶことを、香が遠くまで匂うのにたとえた語〕
戒律を固く守る功徳。 「忍辱の衣を身に著つれば、-匂にしみ薫りて/栄花 玉の台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戒香の関連キーワード持戒戒律