コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍辱 ニンニク

4件 の用語解説(忍辱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にん‐にく【忍辱】

仏語。六波羅蜜の第三。侮辱や苦しみに耐え忍び、心を動かさないこと。忍辱波羅蜜

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍辱 にんにく

「鎮西彦山縁起」にみえる伝説上の僧。
継体天皇25年(531)狩人の藤原恒雄は,英彦山(ひこさん)(大分・福岡県境)で北魏(ほくぎ)(中国)の孝武帝の子善正に殺生戒をおしえられ,ふたりで英彦山をひらいたとされる。恒雄は出家して名を忍辱とあらため,霊山寺(りょうぜんじ)2世となったという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

忍辱

英彦山の伝説上の開山者。俗称は藤原恒雄。九州の霊山,英彦山は北魏僧の善正と忍辱が開いたとされる。善正は北魏の孝武帝の子で,孝武帝が宇文泰に殺される3年前に日本に渡来し,継体25(531)年,豊後国日田(大分県日田市)の狩人,藤原恒雄と出会い,英彦山を開いた。藤原恒雄はこのとき出家して,名を忍辱と改め,英彦山霊仙寺の第2世となる。崇峻2(589)年,82歳で死去したと伝える。修験道霊山の開山者となる僧には,在地の狩人が案内者として付き従うことが多く,山の神を祭った狩人を実質的な開山者とみなすことができる。<参考文献>『彦山縁起』

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にんにく【忍辱】

〘仏〙 六波羅蜜の第三。種々の侮辱や苦しみを耐え忍び心を動かさないこと。忍。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忍辱の関連キーワード英彦山神宮英彦山神社夏伯儀狄虞舜英彦山権現有虞氏英彦山の自然阿部豪逸佐竹織江

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忍辱の関連情報