コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍辱 ニンニク

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍辱 にんにく

「鎮西彦山縁起」にみえる伝説上の僧。
継体天皇25年(531)狩人の藤原恒雄は,英彦山(ひこさん)(大分・福岡県境)で北魏(ほくぎ)(中国)の孝武帝の子善正に殺生戒をおしえられ,ふたりで英彦山をひらいたとされる。恒雄は出家して名を忍とあらため,霊山寺(りょうぜんじ)2世となったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

忍辱

英彦山の伝説上の開山者。俗称は藤原恒雄。九州の霊山,英彦山は北魏僧の善正と忍辱が開いたとされる。善正は北魏の孝武帝の子で,孝武帝が宇文泰に殺される3年前に日本に渡来し,継体25(531)年,豊後国日田(大分県日田市)の狩人,藤原恒雄と出会い,英彦山を開いた。藤原恒雄はこのとき出家して,名を忍辱と改め,英彦山霊仙寺の第2世となる。崇峻2(589)年,82歳で死去したと伝える。修験道霊山の開山者となる僧には,在地の狩人が案内者として付き従うことが多く,山の神を祭った狩人を実質的な開山者とみなすことができる。<参考文献>『彦山縁起』

(川村邦光)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にんにく【忍辱】

〘仏〙 六波羅蜜の第三。種々の侮辱や苦しみを耐え忍び心を動かさないこと。忍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

忍辱 (ニンニク・ニニク)

学名:Allium sativum
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

忍辱の関連キーワード日の本の国忍辱の袈裟紫磨忍辱ニンニク五波羅蜜阿良々岐然あれば継体天皇忍辱の衣波羅蜜多波羅蜜広沢流六種力円成寺仏語実範五行慈忍柳生解脱

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android