戦後強制抑留者特別措置法(読み)センゴキョウセイヨクリュウシャトクベツソチホウ

デジタル大辞泉の解説

せんごきょうせいよくりゅうしゃ‐とくべつそちほう〔センゴキヤウセイヨクリウシヤトクベツソチハフ〕【戦後強制抑留者特別措置法】

《「戦後強制抑留者に係る問題に関する特別措置法」の通称第二次大戦終了時に旧ソ連捕虜となり、シベリアモンゴルに抑留され、強制労働を課せられた人たちの労苦藉するために特別給付金を支給することを定めた法律。平成22年(2010)成立。抑留期間に応じて25万円~150万円を一時金として支給する。また、強制抑留の実態解明、抑留中に死亡した人の埋葬場所の調査、遺骨・遺品の収集などを政府に義務づけている。シベリア特別措置法旧ソ連抑留者支援特別措置法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android