労苦(読み)ろうく

精選版 日本国語大辞典「労苦」の解説

ろう‐く ラウ‥【労苦】

〘名〙 からだや心が、疲れたり苦しい思いをしたりすること。骨折ったり心配したりすること。苦労
田氏家集(892頃)上・晩秋陪右丞相開府賜飲、于時美作献白鹿「労苦挟州境遠、来呈上瑞聖君膺」
史記抄(1477)一五「吏卒ともの労苦せる者にたへとをせられたれは」 〔詩経‐邶風・凱風

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「労苦」の解説

ろう‐く〔ラウ‐〕【労苦】

[名](スル)心身が疲れ苦しい思いをすること。苦労すること。「労苦に報いる」
「隣の下駄職の―する光景(さま)も見える」〈藤村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android