コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦略の窓 せんりゃくのまどstrategic windows

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦略の窓
せんりゃくのまど
strategic windows

技術や市場ニーズや流通といった重要な環境の状態と,その市場で競争している特定の企業の能力やアプローチの方法との適合性が最適であるのは限られた短い期間だけであり,この期間のことを戦略の窓が開いたとき,と呼ぶ。戦略の窓が開いているときこそが,市場あるいは製品に投資すべきときである。反対に戦略の窓が閉じているときには,同じように投資し努力を重ねても,それが報われるような結果を得ることは不可能である。 D.F.エーベルによって事業と市場の適合は,動的に分析しなければならないとして提唱された概念。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android