コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦略的選択論 せんりゃくてきせんたくろん

1件 の用語解説(戦略的選択論の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

戦略的選択論

政策立案などにおける意思決定プロセスの方法論。従来、日本では政策の意思決定は行政主導のトップダウン方式が主流だったが、近年はNPONGOなどの活動が盛んになり、ボトムアップ式の合意形成が取り入れられるようになってきた。しかし、この手法はそれぞれの利害が対立し、意思決定が困難になるケース少なくない。「戦略的選択論」とは意思決定を阻害する最大の要因を選択し、利害対立を回避する。これにより、戦略的な合意形成を目指し、効果的かつ有効な意思決定プロセスサポートしていこうという考え方

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦略的選択論の関連キーワードブランド管理AIDMA意思決定稟議制度AIDMAの法則官僚内閣制政策官庁プロセスイノベーションプロセス印刷不確実性

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone