コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦車砲 せんしゃほうtank gun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦車砲
せんしゃほう
tank gun

戦車に搭載する砲。初期の戦車は歩兵支援用であったために,人殺傷効果の大きな砲が搭載されたが,第1次世界大戦後,次第に対戦車戦闘を主眼とした,大口径初速の高い砲に置き換えられるようになり,装甲が厚くなるのに比例して口径が大きくなってきた。狭隘な砲塔の中で装填作業を円滑に行えるような工夫が施されている。第2次世界大戦では戦車戦は平均して 900mの距離で戦われたが,現在では約 1800mが想定され,口径は 120mmが主力戦車の標準となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

戦車砲の関連キーワード射撃管制装置九五式軽戦車九七式中戦車メルカバ戦車劣化ウラン弾一式中戦車ロケット砲京橋駅空襲レールガン液体発射薬61式戦車74式戦車ライフルAT艦砲射撃トーチカ暗視装置HEAT成形炸薬対戦車砲

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦車砲の関連情報