戸無駕籠(読み)となしかご

精選版 日本国語大辞典「戸無駕籠」の解説

となし‐かご【戸無駕籠】

〘名〙 四本のを柱とし、割り竹で簡単に編んだのついていない粗末な駕籠。江戸時代、庶民が常用した。四つ手駕籠、山駕籠など。
俳諧鶉衣(1727‐79)前「土手の露ふむ戸なし駕(カゴ)より、今戸の舟のこがれよるまで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android