コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田芝 トダシバ

デジタル大辞泉の解説

とだ‐しば【戸田芝】

イネ科の多年草。高さ約1メートル。葉は広線形。夏から秋、緑色または紫色を帯びた小さい穂が密につく。名は、多く生えていた荒川の埼玉県戸田原にちなむ。ばれんしば。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とだしば【戸田芝】

イネ科の多年草。日当たりのよい草原や荒地に自生。根生葉は線形。夏から秋にかけ、高さ80センチメートル 内外の花茎を立て、淡緑色または紫色を帯びた小穂を円錐状につける。バレンシバ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

戸田芝の関連キーワードバレンシバ根生葉イネ科内外荒地小穂花茎自生

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android