戸田芝(読み)トダシバ

大辞林 第三版の解説

とだしば【戸田芝】

イネ科の多年草。日当たりのよい草原や荒地に自生。根生葉は線形。夏から秋にかけ、高さ80センチメートル 内外の花茎を立て、淡緑色または紫色を帯びた小穂を円錐状につける。バレンシバ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android