コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸税 こぜいHu-shui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸税
こぜい
Hu-shui

中国史上の課税の一種。六朝時代の戸調 (戸別布帛を徴収) とは区別され,隋,唐前期に行われ,唐中期の建中1 (780) 年両税法が制定されるとその中に解消された。各戸からおもに貨幣を徴収し,官吏俸銭や駅伝費などにあて,税銭とも呼ばれた。戸税は戸の資産の多少に応じて税額が加減される点,その時代の基本税制が丁対象均額賦課であったのと異なる。杜佑 (とゆう) の伝える天宝歳計では年額税銭総額 200万貫に及び,夏,秋2回に徴収された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

戸税の関連キーワード広瀬 経一中川 喜久大槻 龍治菅原 通敬池永 浩久神戸(市)浜田(市)岸 喜二雄水上 浩躬水上浩躬岸喜二雄中川喜久高橋 衛佃 一予秦 逸三広瀬経一浜田市瓜生寅秦逸三野中清

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android