コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜佑 とゆうDu You; Tu Yu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杜佑
とゆう
Du You; Tu Yu

[生]開元23(735)
[没]元和7(812)
中国,唐中期の政治家,学者。字は君郷。曾祖父以来の官僚の家に生れ,諸官を歴任。両税法の賛美者で,この税法を始めた楊炎のもとでその遂行にあたり,施行直後起った河北三鎮などの藩鎮の反乱討伐の際,食糧輸送の任を果した。さらに嶺南,淮南2藩鎮の節度使などを経て宰相となり,憲宗信任が厚かった。著書『通典 (つてん) 』 (200巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とゆう【杜佑 Dù Yòu】

735‐812
中国,唐代の政治家,学者。京兆万年(陝西省西安市)の人。字は君卿。高官の家柄に生まれたので,科挙試験によらず恩蔭によって官界に入った。地方官を歴任したのち,徳宗朝で楊炎が宰相となり両税法を施行したころ,水陸転運使や戸部侍郎判度支となって国家財政の運営の責任をになった。まもなく宰相の盧杞(ろき)に憎まれ,蘇州刺史や嶺南節度使を経たが,ついに宰相となり,とくに憲宗に信任された。彼は政治家としても人臣を極めたが,後世ではむしろ司馬遷史記》以来の名著とされる《通典(つてん)》の著者として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とゆう【杜佑】

735~812) 中国、唐中期の学者・政治家。古代から玄宗の天宝時代までの諸制度を分類して記した「通典つてん」二〇〇巻を著す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杜佑
とゆう
(735―812)

中国、唐代の政治家。字(あざな)は君卿(くんけい)。長安の人。貴族の家に生まれ、高官を歴任したのち、徳宗、順宗、憲宗三帝の宰相を務めた。政治とくに財政に明るく、富国安民の方策をたてることを自己の使命とした。その著書『通典(つてん)』は、今日でも制度史研究上不可欠の書となっている。その孫に晩唐の詩人杜牧(とぼく)がある。[谷川道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の杜佑の言及

【通典】より

…200巻。唐の杜佑撰。劉知幾の子の劉秩が開元末に作った《政典》35巻を増補訂正したもので,約30年の歳月を費やして801年(貞元17)に完成したという。…

※「杜佑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杜佑の関連キーワード唐の時代(年表)燕楽(宴楽)文献通考谷川道雄百科事典玄宗戸税通志諸官元和九通杜環杜牧

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android