コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸等制 ことうせいhù děng zhì

世界大百科事典 第2版の解説

ことうせい【戸等制 hù děng zhì】

中国において,財産多寡に従ってを上下に等級化する制度。北魏以来唐(5~10世紀はじめ)までの均田体制下においても3等ないし9等戸制があったが,均田制のもとで生ずる貧富の差を調節するための二次的役割を果たしたにすぎない。王朝の人民支配の基準として戸等制が確立するのは宋代である。財産高に応じて主戸を都市では10等,郷村では5等に等級化した。3年に1度戸等簿が作成されて戸等の昇降が行われ,五等丁産簿,五等戸版簿などとよばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android