コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客戸 きゃくこke-hu; k`o-hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

客戸
きゃくこ
ke-hu; k`o-hu

中国で土地をもたない小作人などを指す語。元来,土着者に対して寄留者を客という。漢,魏,六朝以後,土地を所有せず,豪族,地主に隷属する者を客といい,唐代,均田制の崩壊以後は,土地所有者を土戸主戸,正戸などと呼んだのに対して,小作人 (佃戸) や土地を所有しない商人や雇傭人などの戸を客戸と呼んだ。宋代には,戸口統計に主戸,客戸の区別が必ず現れている。佃客の語もあるが,客戸は大まかにいえば佃戸と考えてよい。元以後は,主客を区別した統計はあまりみられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゃくこ【客戸 kè hù】

無産・僑寓の戸。中国の魏・晋以来みられ,唐末には均田制再編成のため,逃亡均田農民を客戸として掌握したが,両税法の現住地課税主義により主戸にくみ込まれた。宋代になって戸籍上,客戸制が確立する。土地を所有しない点から主戸と区別される。したがって両税は負担しないが,身丁税を課された。客戸の多くは佃戸や雇用人であった。戸口統計上,全戸数の約3分の1を占めるが,その分布は地域,時代によって差がある。戸籍上の主客戸制は宋一代で消滅する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

客戸
きゃっこ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の客戸の言及

【宋】より

…その先駆は,宋代第一の名臣とうたわれた范仲淹の范氏義荘である。 農民は戸籍上,主戸と客戸とに分けられた。主戸は原則として土地財産を所有する者で,財産高によってさらに5等に分けられ,3年ごとに,主戸の資産と丁口の数目を記載し徴税や差役割当の基準とした,五等丁産簿が作成された。…

※「客戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

客戸の関連キーワード身丁銭米括戸政策募役法坊郭戸宇文融荘園無産括戸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android