コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猛安謀克 もうあんぼうこく

大辞林 第三版の解説

もうあんぼうこく【猛安謀克】

中国、金の太祖阿骨打アクダが始めた、三〇〇戸を一謀克、一〇謀克を一猛安とする部族的な軍事・行政単位、およびその長の称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もうあんぼうこく【猛安謀克 měng ān móu kè】

中国,朝が実施した制度。軍隊編成の単位であり,同時に統治組織も兼ねた。またその長官名。1114年遼との間に戦いが始まった直後に阿骨打アクダ)(太祖)は支配下の女真人を猛安謀克に組織して,各300戸で1謀克,10謀克で1猛安を編成したが,ついで新しく占領した地域の係遼籍女真人と契丹人,奚人,それから遼東漢人と渤海人も次々と猛安謀克に組織した(漢人と渤海人についてはのちに廃止)。謀克からはだいたい100名くらいの割で徴兵して部隊を編成させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猛安謀克の関連キーワードワンヤンアクダ(完顔阿骨打)金(中国の王朝)ボギン(孛菫)世宗[金]猛安・謀克煕宗[金]満洲族物力銭

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android