コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸賀崎熊太郎(3代) とがさき くまたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸賀崎熊太郎(3代) とがさき-くまたろう

1807-1865 江戸時代後期の剣術家。
文化4年2月15日生まれ。初代の孫。天保(てんぽう)12年江戸牛込に神道無念流の道場をひらく。水戸藩主徳川斉昭(なりあき)にまねかれ藩の剣術師範となる。門人に藤田東湖ら尊攘(そんじょう)派がおおかった。慶応元年5月29日死去。59歳。武蔵(むさし)埼玉郡上清久(かみきよく)村出身。名は芳栄(よししげ)。号は喜道軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android