戸賀崎熊太郎(3代)(読み)とがさき くまたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸賀崎熊太郎(3代) とがさき-くまたろう

1807-1865 江戸時代後期の剣術家。
文化4年2月15日生まれ。初代の孫。天保(てんぽう)12年江戸牛込に神道無念流の道場をひらく。水戸藩主徳川斉昭(なりあき)にまねかれ藩の剣術師範となる。門人に藤田東湖ら尊攘(そんじょう)派がおおかった。慶応元年5月29日死去。59歳。武蔵(むさし)埼玉郡上清久(かみきよく)村出身。名は芳栄(よししげ)。号は喜道軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android