フォーレ(英語表記)Fauré, Gabriel (Urbain)

  • 1845―1924
  • Gabriel Fauré
  • Gabriel-Urbain Fauré

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1845.5.12. アリエージュ
[没]1924.11.4. パリ
フランスの作曲家。 L.ニーデルメイエに作曲,サン=サーンスにピアノを学ぶ。 1896年にパリのマドレーヌ大聖堂の合唱隊長,首席オルガン奏者となり,1905年にパリ音楽院院長。 M.ラベルや J.ロジェ=デュカスらすぐれた作曲家を育成した。 03年頃から次第に聴力を失い,20年に引退。主作品は『夢のあとに』 (1865) ,『イスパハンのばら』 (84) ,『レクイエム』 (87) ,劇場音楽『ペレアスとメリザンド』 (98) ,オペラ『ペネロプ』 (1913) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フランスの作曲家,教育者。幼いころから音楽に親しみ,1854年−1865年パリの〈古典宗教の音楽学校〉で学ぶ。同校ではグレゴリオ聖歌やルネサンス期の合唱音楽についての素養を深め,教師として着任したサン・サーンスと知り合う。1866年から教会のオルガン奏者や楽長を務め,1896年−1905年パリのマドレーヌ聖堂首席オルガン奏者。また1896年パリ音楽院(コンセルバトアール)の作曲と対位法教授となり,M.ラベル,フローラン・シュミット,N.ブーランジェハスキルらを教えた。1905年−1920年,同院院長。1903年に聴覚の異常に襲われて以来,聴力は徐々に失われた。作品は繊細で清澄な感覚に富み,《レクイエム》(1887年−1888年),《バイオリン・ソナタ第1番》(1876年),ベルレーヌの詩による歌曲集《優しい歌》(1894年),4手のためのピアノ曲《ドリー》(1893年−1896年),管弦楽曲《ペレアスとメリザンド》(1898年)など壮年期までの作品が日本では広く親しまれている。晩年の《ピアノ五重奏曲第2番》(1921年),《弦楽四重奏曲》(1924年)などの室内楽曲では,ベートーベン後期の弦楽四重奏曲にしばしばたとえられる内省的な深みに到達した。また,生涯にわたり書き継がれた歌曲はドビュッシーの作品とともに,フランス近代歌曲(メロディ。リート参照)をドイツ歌曲(リート)に比肩する位置に押し上げたものとして評価が高い。ほかに,各13曲のピアノ曲《夜想曲》と《舟歌》,オペラ《ペネロープ》(1907年−1913年)など。→シャブリエデュパルク
→関連項目アルベニスイザイエカセラキリスト教音楽ナットバラードペレアスとメリザンド無言歌レクイエムロン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1845‐1924
フランスの作曲家,教育者。1854‐65年,パリのL.ニデルメイエールの〈古典と宗教の音楽学校〉で音楽教育を受け,61年以後同校の教師となったサン・サーンスにも師事した。卒業後,初め教会オルガン奏者を職として,96年にはパリのマドレーヌ教会首席奏者(‐1905)となるが,同じ年パリ国立高等音楽院作曲教授に任命され,M.ラベル,F.シュミットらを育てた。1905年院長,20年難聴と健康上の理由により退職

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの作曲家、教育者、オルガン奏者。スペインに近い南フランスの町パミエの教育者の家に生まれ、早くから音楽の才能を示した。9歳からパリのニデルメイエール音楽学校に入学、11年間宗教音楽を中心に学ぶ。この間、サン・サーンスのピアノ・クラスでリスト、ワーグナーの音楽に接し、作曲に開眼した。1865年同校卒業後、レンヌのサン・ソブール教会を皮切りに、パリのいくつかのオルガン奏者を歴任し、77年にマドレーヌ教会の楽長、96年には同教会主席オルガン奏者となった。同じ96年からパリ音楽院の作曲法の教授となり、1905年から17年間、同院長を務めた。その80年近い生涯は、ドイツなどへの外国旅行のほかには波瀾(はらん)もない平穏なものであったが、後半生の20年間は、耳の疾患により聴力を失うという不幸のなかで教育と作曲活動に専念して、その名声にこたえた。とくに晩年の作品にみられる気品と深みをたたえた作風は、他の追随を許さない。1909年アカデミー会員となり、清貧のうちにパリに没。死にあたっては国葬が行われている。

 フォーレの創作期は1865年(20歳)から1924年(79歳)までの59年に及ぶ。彼はロマン主義から世紀末のベル・エポック、ダダイスムなど、激動する芸術的潮流のなかにあって、一貫して叙情性の強く、完成度の高い独自の様式を貫き、声楽、ピアノ曲、室内楽の各分野で多くの秀作を残した。なかでも声楽曲がもっとも重要で、ロマン派の詩による『夢のあとに』(1865?)、『リディア』(1870?)など初期の歌曲、ベルレーヌの詩による『月の光』(1887)と『優(やさ)しい歌』(1892~94)、そして最晩年の『幻(まぼろし)の水平線』(1921)などによって、フランスのメロディ(リートの仏訳)は、ドイツ・リートに匹敵するものとなった。そのほかに、『レクイエム』(1887~88)、オペラ『ペネロープ』(1907~13)、多くのピアノ用の即興曲・夜想曲・前奏曲、ピアノ三重奏曲ニ短調(1922~23)、弦楽四重奏曲ホ短調(1923~24、絶筆)がある。

[船山信子]

『P・フォーレ・フルミエ著、藤原裕訳『フォーレ――その人と芸術』(1972・音楽之友社)』『E・ヴュイエルモーズ著、家里和夫訳『ガブリエル・フォーレ――人と作品』(1981・音楽之友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Gabriel Fauré ガブリエル━) フランスの作曲家。サン=サーンスにピアノや作曲を学び、多くのピアノ曲、歌曲、劇場音楽などを作曲した。近代フランス音楽を代表する一人。パリ音楽院教授として多くの後進を育成した。代表作「レクイエム」。(一八四五‐一九二四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフォーレの言及

【フランス音楽】より

…第3は,1660年より1760年に至るベルサイユ楽派の時代。そして第4は,フォーレ,ドビュッシー,ラベルを頂点にいただく1860年以後の1世紀である。これは一つの見方にすぎぬかもしれないが,フランス音楽がヨーロッパにあって最も古く輝かしい歴史を誇る音楽の一つであることは,語ってくれるだろう。…

※「フォーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android