コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所作舞台 ショサブタイ

デジタル大辞泉の解説

しょさ‐ぶたい【所作舞台】

歌舞伎で、所作事または特定の場面のとき、足のすべり具合をよくし、また足拍子がよく響くように、舞台や花道上に長方形のヒノキ板を敷きつめて設けた低い二重舞台。置き舞台。敷舞台

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょさぶたい【所作舞台】

歌舞伎で舞踊劇などを演ずる際、足拍子の響きをよくしたり滑りをよくしたりするために、舞台・花道に敷きつめる低い檜ひのきの台。置き舞台。所作台。所作板いた

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の所作舞台の言及

【歌舞伎】より

…舞踊や様式的な時代物などで使う。別名〈所作舞台〉〈所作板〉〈敷舞台〉など。 開帳場(かいちようば)大道具用語。…

※「所作舞台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

所作舞台の関連キーワード歌舞伎の用語舞踊劇所作

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android