所動(読み)ショドウ

大辞林 第三版の解説

しょどう【所動】

他から働きかけられること。受動。 ⇔ 能動 「ただ-的、器械的の人物になりて/舞姫 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐どう【所動】

〘名〙 (「動かされ」の意) =じゅどう(受動)
※一国の首都(1899)〈幸田露伴〉「けだしこれらの民は〈略〉都府の状況を形づくる上においては常に能動者たる能はずして所動者たるに止まればなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android