扁平母斑(茶あざ)(読み)へんぺいぼはんちゃあざ(英語表記)Nevus Spilus

家庭医学館の解説

へんぺいぼはんちゃあざ【扁平母斑(茶あざ) Nevus Spilus】

[どんな病気か]
 扁平母斑は、一般的に茶あざと呼ばれています。形は類円形ないし不整形、色は均一に淡褐色をしており、表面は平らな母斑です。思春期前後に発症することが多いのですが、出生時からみられる場合もあります。
 とくに10歳代ころに発症し、毛が生えているものをベッカー母斑といいます。「母斑細胞母斑(色素性母斑/黒あざ/ほくろ)」の母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)(黒あざ)とはちがって、母斑細胞はなく、皮膚の表面に色素をもった細胞が少し増えたものです。
[治療]
 従来はドライアイス圧抵療法(あっていりょうほう)や皮削術(ひさくじゅつ)(皮膚を機械的に削る方法)がおもに行なわれてきましたが、現在はレーザー治療が主体となり、効果をあげています。ただし、しばしば再発するため、根気よく照射治療を続けることがたいせつです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android