コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁平母斑 へんぺいぼはんNevus Spilus

家庭医学館の解説

へんぺいぼはん【扁平母斑 Nevus Spilus】

[どんな病気か]
 皮膚面から隆起しない淡褐色の色素斑(しきそはん)で、大きさや形はさまざまです。小さい色素斑が多数集まっていたり、比較的均一な大きい色素斑であったりします。
 発症時期は、出生時・乳幼児期と、思春期前後です。乳幼児に扁平母斑が数個以上あるときは、レックリングハウゼン病の可能性があるので、専門医を受診してください。
[治療]
 色が淡い褐色調で、肌と違和感が少ないため、気にならなければ、むりに治療する必要はありません。レーザー治療を行なうことが多いのですが、色が薄れる場合と、逆に濃くなる場合があります。そのほか、ドライアイス治療や、皮膚削り手術などが行なわれますが、効果はあまり満足できるものではありません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典内の扁平母斑の言及

【あざ(痣)】より

…一般に乳児にはほくろは認められず,10歳前後から徐々に増えてくるものであるが,ある程度以上の大きなものや,毛の密生する獣皮様母斑tierfell nevusと呼ばれるものは生下時から存在する。扁平な褐色斑は扁平母斑nevus spilusと呼ばれ,生後数ヵ月以内に気づくことが多いが,肩,胸などに10歳を過ぎて現れてくるものもある。
[表皮母斑epidermal nevus]
 表皮細胞の肥厚によるもので,線状の配列をとるものが多く,表面はざらざらして硬く触れ,色は褐色調を示すものから黒褐色のものなどがある。…

※「扁平母斑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

扁平母斑の関連キーワードおもな皮膚病変の俗名と学名扁平母斑(茶あざ)あざのレーザー治療色素性母斑母斑症

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扁平母斑の関連情報