コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁率 へんりつ

百科事典マイペディアの解説

扁率【へんりつ】

扁平率,扁平度とも。惑星などの扁平の程度を表す数値で,この値が大きいほど扁平であることを示す。惑星の形は自転運動のために完全な球にはならず,一般に扁平な回転楕円体である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんりつ【扁率 flattening】

地球や諸惑星の形状は扁平な回転楕円体で表される。その赤道半径と極半径をa,bとするとき,f=(ab)/aで定義されるfは,回転楕円体の扁平の程度を表し,扁率あるいは扁平度といわれる。天体の形状が球にならず扁平な回転楕円体となるのは自転運動によると考えられる。自転の速い大惑星の扁率は大きく,土星は0.096に達し,地球の扁率0.0034よりはるかに大きい(表)。【堀 源一郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

扁率の関連キーワード月(衛星)ベッセル天王星扁平率木星

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android