コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極半径 きょくはんけい

大辞林 第三版の解説

きょくはんけい【極半径】

地球の中心と極点を結んだ長さ。地球を回転楕円体と見た場合の短軸。約6357キロメートル。短半径。 → 赤道半径地球

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極半径
きょくはんけい

地球の中心から北極または南極を結んだ線。地球は地軸を中心として自転しているとともに、公転をしていて、その遠心力の影響を受けて、わずかに偏平な楕円(だえん)体をなしている。すなわち、極半径は赤道半径(地球の中心から赤道に至る距離)に比べてわずかに短く、6356.775キロメートルで、赤道半径より21.4キロメートル短く、その偏平率は298分の1である。最近の人工衛星による観測によれば、地球の形状は単純な偏平な楕円体ではなく、南極でわずかにつぶれ、北極に突き出た形であることが知られ、北極に至る極半径と南極に至る極半径とは同一の長さではないが、その差はきわめて小さいとされている。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

極半径の関連キーワードベッセル楕円体クレローの定理回転楕円体アルタイル地球楕円体国際楕円体赤道半径扁平率短半径扁平度木星土星扁率地球

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android