扇の芝(読み)おうぎのしば

  • おうぎ
  • の 芝(しば)

精選版 日本国語大辞典の解説

① 扇の形をした芝生のことを、しゃれていったことば。宇治の平等院の中にある、釣鐘観音堂のそばの芝生が著名。
※謡曲・頼政(1430頃)「源三位頼政〈略〉扇を敷き自害し給ひし名将の果て給ひたる跡なればとて、今に扇の芝と申し候」
② (宇治の平等院にある「扇の芝」をしゃれて) 芝居見物などの座席で、用事のため席を立つ時、またもどってくるというしるしのため、扇を広げたまま置いておくこと。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一八「跡たのむ扇の芝の切落し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android