コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切落し きりおとし

2件 の用語解説(切落しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切落し
きりおとし

江戸時代の劇場の大衆席の一つ。正徳,享保年間 (1711~36) 頃は,舞台の前端から後方の左右に通じる通路 (歩み) までの1階正面の席であった。享和年間 (1801~04) 頃には,ここに方形の仕切桝 (しきります) ができて,切落しは花道の後方脇にわずかに残り,文化年間 (04~18) 以後には消滅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きり‐おとし【切(り)落(と)し】

切り落とすこと。また、切り落としたもの。
肉や魚などを切り分ける際にできる、半端で形のそろわない部分。
江戸時代の歌舞伎劇場で、平土間の最前列の大衆席。文化年間(1804~1818)には消滅したが、下等の大衆席の意でその名が残る。追い込み場。大入り場
江戸時代の関西の劇場で、団体客(連中)のこと。土間の仕切りを取り去って入れたところからいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の切落しの言及

【土間】より

…【鈴木 充】
[劇場の土間]
 舞台前面,東西の桟敷の間の広い場所を占める観客席。正徳(1711‐16)ころからここを〈切落し(きりおとし)〉と称する追込みの大衆席として使用してきたが,1766年(明和3)7月江戸中村座で,切落しの一部に縄張りをし隣席との区分をするようになり,さらにマセという木材で区切った〈仕切枡〉に発展した。枡の広さは時代により違いがあるが,84年(天明4)の分検帳によれば4尺8寸(約1.45m)×5尺で,7人詰を原則とした。…

※「切落し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

切落しの関連キーワード切り落とし・切り落し切り落とし口・切り落し口切り落とす・切り落すぐるり落とし切面削ぎ落す剃り落す吊り落し切り落とし技振り落とす (bucking)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

切落しの関連情報