コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇を鳴らす オウギヲナラス

デジタル大辞泉の解説

扇(おうぎ)を鳴ら・す

案内を請うとき、扇を打ち鳴らして人を呼ぶ。
「一夜の戸口に寄りて、―・し給へば」〈総角
扇を手で打って歌などの拍子をとる。
「あるいはうそぶき、―・しなどするに」〈竹取

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうぎをならす【扇を鳴らす】

扇を打ち鳴らして案内を求める。 「戸口によりて-・し給へば/源氏 総角
扇で歌の拍子をとる。 「或はうそをふき、-・しなどするに/竹取」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

扇を鳴らすの関連キーワード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android