コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手取竜 てどりりゅうTedorosaurus asuwaensis

世界大百科事典 第2版の解説

てどりりゅう【手取竜 Tedorosaurus asuwaensis】

1966年福井県足羽郡美山町上新橋の国道沿いの崖から発見された爬虫類。ジュラ紀後期の手取層群境寺(さかいでら)互層植物化石といっしょに産出した。ほぼ全体が残っていたが印象化石である。全長約7cm大でトカゲに似ている。頭は比較的大きく,上から見ると外形は三角形を呈する。前肢より後肢の方が大きい。前後肢とも指は4本。4本のうち第4指がいちばん長い。キノボリトカゲのような生活をしていたと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

手取竜 (テドリリュウ)

学名:Tedorosaurus aswaensis
動物。中生代のトカゲの一種

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

手取竜の関連キーワードテドリリュウ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android