コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手取竜 てどりりゅう Tedorosaurus asuwaensis

1件 の用語解説(手取竜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てどりりゅう【手取竜 Tedorosaurus asuwaensis】

1966年福井県足羽郡美山町上新橋の国道沿いの崖から発見された爬虫類ジュラ紀後期の手取層群境寺(さかいでら)互層の植物化石といっしょに産出した。ほぼ全体が残っていたが印象化石である。全長約7cm大でトカゲに似ている。頭は比較的大きく,上から見ると外形は三角形を呈する。前肢より後肢の方が大きい。前後肢とも指は4本。4本のうち第4指がいちばん長い。キノボリトカゲのような生活をしていたと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手取竜の関連キーワード足羽川福井県福井足羽川ダム石橋重吉市橋保治郎土生彰前田又兵衛山品捨録吉田円助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone