コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

互層 ゴソウ

4件 の用語解説(互層の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐そう【互層】

岩質の異なる層が、交互に繰り返し重なっている地層。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

互層【ごそう】

岩相の異なる二つ以上の地層が,交互に重なり合っている場合をいう。なかでも,砂岩と泥岩の互層は普通に認められる。互層をつくる各岩層の厚さには規則性が認められることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごそう【互層 alternation of strata】

岩質の違う単層が交互に繰り返し重なりあっているような状態を指す。火成岩では層状併入岩などによる複層貫入や,結晶分化作用による級化層理などによって作られる。堆積岩では砂と粘土,またはシルトと粘土が互層を作ることが多く,過去の環境を示す鍵となる。例えば,炭層に伴うサイクロセムcyclothemと呼ぶ互層は淡水層,汽水層,海成層が繰り返し出現するもので,その原因としては海水準の変動に由来する変化ではないかと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

互層
ごそう

2種類またはそれ以上の岩質の異なる単層が交互に繰り返し重なり合った地層。砂岩泥岩互層、チャート石灰岩互層など多くの組合せが知られている。単に互層というとき、砂岩泥岩互層をさす場合が多い。砂岩泥岩互層は乱泥流が堆積(たいせき)するときにできたものが多い。この場合、1回の乱泥流で1組の砂岩・泥岩層が堆積し、乱泥流が繰り返しておこることにより、互層が形成される。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

互層の関連キーワード回数閃揺大和打ち打重なる繰返し繰返し記号手繰り上げるフルセララン活褶曲ウエーブダッシュ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

互層の関連情報