コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手妻/手爪 テヅマ

デジタル大辞泉の解説

て‐づま【手妻/手爪】

2が原義》手品。奇術。
手先。また、手先の仕事。
「―の利きし人は間もなく数釣りけるに」〈・俗つれづれ〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の手妻/手爪の言及

【奇術】より

…合理的な手段を用いて人工的な奇現象を創造し,みる人を楽しませることを目的とした芸能もしくは娯楽。〈手品〉〈手妻〉などともいう。紀元前後,アレクサンドリアのヘロンが祭壇で火を燃やすと,神殿の扉が開くといった自動装置をいくつか発明したが,トリッキーな奇術的発想はあっても,芸能的要素がないため奇術とはいいがたい。…

※「手妻/手爪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手妻/手爪の関連キーワード並木正三(なみきしょうざ)柳川 一蝶斎(3代目)松旭斎 天勝(初代)松旭斎 天一(初代)吉田三郎兵衛(初代)人形(にんぎょう)辰松八郎兵衛山本飛騨掾人形浄瑠璃手妻人形碁盤人形手先寄席放下大俗使い奇術手品

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android