コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手妻人形 てづまにんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手妻人形
てづまにんぎょう

手遣い人形の一種で,手妻 (手品) のような技をみせる人形の意。引き糸で顔が幾度も変る仕掛けをもつ人形や,1人の遣い手が,早業芸で複数の人形を遣うことをいう。元禄 (1688~1704) 頃流行。代表的な遣い手に山本飛騨掾がいた。顔面や五体の変化,目の開閉など手妻の機能は,現在の文楽人形にも生かされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てづま‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【手妻人形】

手遣い人形の一。引き糸により、顔面の変化、五体の一部の早替わりなどのできる人形。からくりの併用で、元禄~享保(1688~1736)ごろにかけて流行し、大坂の人形遣い山本飛騨掾(やまもとひだのじょう)が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てづまにんぎょう【手妻人形】

手遣い人形の一。江戸時代中期、舞台や座敷で盛んに遣われた、内部の引き糸装置によって、目の開閉など一部が早変わりする人形。山本飛驒掾が代表的遣い手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の手妻人形の言及

【人形浄瑠璃】より

…人形の下から手を突っ込んで遣ういわゆる一人遣いから二人遣い,三人遣いの3方法がある。1703年(元禄16)に《曾根崎心中》のお初を遣った辰松八郎兵衛は突込み人形の名人といわれるが,彼はこのほか,片手人形や手妻(てづま)人形を遣ったという。片手人形は,人形の胴の背後から手を入れて片手で遣ったところから名付けられたが,ときには両手で2体,3体,5体,7体の人形を遣った。…

※「手妻人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手妻人形の関連キーワード吉田三郎兵衛(初代)辰松八郎兵衛手遣い人形座敷

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android