コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手巻(き) テマキ

デジタル大辞泉の解説

て‐まき【手巻(き)】

機械や道具を使わずに、手で巻くこと。また、そのもの。「手巻きの時計」
自分で手で巻いて作ること。また、そのもの。「手巻き鮨(ずし)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

手巻(き)の関連キーワード手巻きロールケーキの日越路の旅まくらパイプたばこブレーキ装置手巻寿司の日機械式時計京銘菓雲龍弩[西洋]運搬機械航海計器谷口知輝緒方惟義手巻き鮨ウィンチウインチ蓄音機蕭雲従渡辺健撮影機腕時計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android