コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口瞳 やまぐちひとみ

6件 の用語解説(山口瞳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口瞳
やまぐちひとみ

[生]1926.11.3. 東京
[没]1995.8.30. 東京
小説家。麻布中学を経て早稲田高等学院に入学したものの在学中に召集される。第2次世界大戦後,鎌倉アカデミアに入学,吉野秀雄高橋義孝らの師に出会う。出版社に勤務しながら國學院大學を卒業し,1958年からは寿屋 (現サントリー) の宣伝部に入社。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐ひとみ【山口瞳】

[1926~1995]小説家・エッセイスト。東京の生まれ。編集者、コピーライターとして活躍した後、本格的な執筆活動に入る。週刊誌に31年間、コラム「男性自身」を連載し、都会人の洗練されたタッチで人気を呼ぶ。サラリーマン向けの礼儀作法についての作品も多い。「江分利満(えぶりまん)氏の優雅な生活」で直木賞受賞。他に「血族」、エッセー草競馬流浪記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山口瞳【やまぐちひとみ】

小説家,随筆家。東京生れ。国学院大卒。鎌倉アカデミーで,歌人吉野秀雄ドイツ文学者高橋義孝を師とする。寿屋(現,サントリー)宣伝部でコピーライターとしての才能を発揮。
→関連項目岡本喜八

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口瞳 やまぐち-ひとみ

1926-1995 昭和後期-平成時代の小説家。
大正15年11月3日生まれ。寿(ことぶき)屋(現サントリー)宣伝部につとめる。昭和38年「江分利満(えぶりまん)氏の優雅な生活」で直木賞。54年「血族」で菊池寛賞。また38年から「週刊新潮」にエッセイ「男性自身」を連載し,死の直前まで足かけ32年,都会人の日常の哀歓をつづった。平成7年8月30日死去。68歳。東京出身。国学院大卒。
【格言など】美人で頭がよいというのは一種の辛い人生ではあるまいか(「江分利満氏の華麗な生活」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

やまぐちひとみ【山口瞳】

1926~1995) 小説家。東京生まれ。国学院大卒。寿屋(現、サントリー)宣伝部入社。「江分利満氏の優雅な生活」で直木賞受賞。都会人の日常的哀歓を庶民感覚あふれる軽妙な筆致で描く。著「居酒屋兆治」「血族」「家族」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口瞳
やまぐちひとみ
(1926―1995)

小説家、随筆家。東京に生まれる。早稲田(わせだ)大学中退。寿屋(ことぶきや)(現サントリー)で広告制作に携わる。1961年(昭和36)『婦人画報』に連載した『江分利満(えぶりまん)氏の優雅な生活』により直木賞を受賞。63年から死の直前まで『週刊新潮』に連載した『男性自身』は、都会的なセンスに満ちたエッセイで幅広い読者をもつ。おもな作品には、中年作家の暗澹(あんたん)たる内面を描いた長編『人殺し』(1972)、菊池寛賞受賞の書き下ろし長編『血族』(1979)は、母の出自を探った異色のものであり、父を描いた『家族(ファミリー)』(1983)は続編といえる。エッセイ集には『男性自身』(シリーズ)や『世相講談』(1966)、『草競馬流浪(るろう)記』(1984)などがある。[中石 孝]
『『江分利満氏の優雅な生活』『居酒屋兆治』(新潮文庫) ▽『人殺し 上下』『血族』(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山口瞳の関連キーワード青木和夫浅香鉄心穴井太荒川幾男井上宗雄鈴木通夫鶴見正夫藤田利夫藤森昭一三好行雄

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山口瞳の関連情報