手形買戻請求権(読み)てがたかいもどしせいきゅうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手形買戻請求権
てがたかいもどしせいきゅうけん

割引銀行が,手形割引によって依頼人から買取った手形を,ある一定の事由 (たとえば,割引手形の不渡りなど) が生じた場合に,依頼人に買戻させる権利。割引銀行の手形買戻請求権は,当該銀行とその顧客 (取引先) である依頼人との間の特約 (銀行取引約定書,手形取引約定書など) ないし慣習によって生じる。これが認められることによって,割引銀行は,遡求権を行使することなく割引金相当額を回収することができるという便宜がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android