コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手根部靱帯損傷 しゅこんぶじんたいそんしょう Injury of Ligament of Hand

1件 の用語解説(手根部靱帯損傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しゅこんぶじんたいそんしょう【手根部靱帯損傷 Injury of Ligament of Hand】

[どんな病気か]
 手根部は、手首と指の間の手背(しゅはい)(手の甲)と手掌(しゅしょう)(手のひら)のことで、たくさんの小さな骨(手根骨(しゅこんこつ)、中指骨(ちゅうしこつ))が組み合わされていて、複雑に張りめぐらされた靱帯でまとめられています。
 手関節(手首)が急に強い力で引っ張られたり(過伸展(かしんてん))、過度に曲げたり(過屈曲(かくっきょく))、あるいはころんで手をついたり、なにかを殴(なぐ)ったときに、これらの靱帯に損傷がおこります。損傷がおこると手根部が腫(は)れ、手を動かしたり、物を持ったりすると痛みます。骨折や脱臼(だっきゅう)をともなうことも多いものです。
[治療]
 挫傷(ざしょう)・挫創(ざそう)の治療(「筋肉、腱、靱帯の損傷とは」の挫傷・挫創の治療)に準じて行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

手根部靱帯損傷の関連キーワード手根骨橈骨手骨何心地不死身プリマドンナ病は気から手首手根尺側手根骨 (ulner carpal bone)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone