コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手根部靱帯損傷 しゅこんぶじんたいそんしょうInjury of Ligament of Hand

家庭医学館の解説

しゅこんぶじんたいそんしょう【手根部靱帯損傷 Injury of Ligament of Hand】

[どんな病気か]
 手根部は、手首と指の間の手背(しゅはい)(手の甲)と手掌(しゅしょう)(手のひら)のことで、たくさんの小さな骨(手根骨(しゅこんこつ)、中指骨(ちゅうしこつ))が組み合わされていて、複雑に張りめぐらされた靱帯でまとめられています。
 手関節(手首)が急に強い力で引っ張られたり(過伸展(かしんてん))、過度に曲げたり(過屈曲(かくっきょく))、あるいはころんで手をついたり、なにかを殴(なぐ)ったときに、これらの靱帯に損傷がおこります。損傷がおこると手根部が腫(は)れ、手を動かしたり、物を持ったりすると痛みます。骨折や脱臼(だっきゅう)をともなうことも多いものです。
[治療]
 挫傷(ざしょう)・挫創(ざそう)の治療(「筋肉、腱、靱帯の損傷とは」の挫傷・挫創の治療)に準じて行ないます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone