コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挫創 ざそうcontused wound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挫創
ざそう
contused wound

創傷のうち,鈍器が強く作用してできた傷をいう。創縁,創端は挫滅され,創壁は不規則になる。創口部には表皮剥脱,皮下出血を伴い,創洞間に神経,血管,結合組織などが架橋状の組織片となって残っていることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ざそう【挫創】

転倒や打撲の際、それを受けた部分に生じる皮膚の損傷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

挫創
ざそう
contused wound

丸太などの鈍性の器具や物体によって皮膚や筋肉などが挫滅された開放性の創(きず)である。創縁は不整で、異物や挫滅された組織などが付着する。血管も挫滅されるため出血は切創などに比べて少ないが、腫脹(しゅちょう)が強く、挫滅された組織は細菌感染をおこしやすい。挫滅組織や感染組織が脱落してから癒合がおこるため創の治りは悪く、治癒後の瘢痕(はんこん)(きずあと)は大きい。異物や挫滅組織の除去と、オキシフルや生理的食塩水による十分な洗浄によって創を清浄化したのち縫合すると治りがよいが、細菌感染の可能性が強いときは縫合しない。感染の予防に抗生物質を投与するが、破傷風の予防がとくにたいせつである。[荒木京二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の挫創の言及

【傷】より

…二つ以上の部位が同時に損傷されることも多い。外力の種類による分類には,刃物による切創,先端の鋭利な器物による刺創,強い鈍力によって生ずる挫創,人や動物の歯による咬傷,斧などによる割創,銃器による射創などがある。次におもな外傷,とくに法医学の面で重視される外傷について詳述する。…

※「挫創」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

挫創の関連キーワード筋肉、腱、靱帯の損傷けが(外傷/損傷)肩の腱(板)損傷手根部靱帯損傷交通外傷部分転倒外傷打撲

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

挫創の関連情報