コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手植え テウエ

大辞林 第三版の解説

てうえ【手植え】

手で植えること。また、(貴人が)自分自身で植えること。 「お-の松」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の手植えの言及

【田植】より

…しかし,稚苗は水田で生育する期間が長くなるために,植付け時期が早くなり裏作が作付けできなくなること,北日本では低温の被害を受ける可能性が高いことなどから,育苗箱中の生育日数を長くする努力がされ,4~5枚の葉をもつ中苗田植方式が生まれた。しかし,成苗の手植えに比べるとまだ問題が残っており,成苗機械田植方式の確立が望まれている。 田植の方法は次のとおりである。…

※「手植え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

手植えの関連キーワード岩倉具視幽棲旧宅シーボルト宅跡青蓮院旧仮御所東京手植ブラシ井草八幡宮ヘアウィグ矢野かもじ和泉式部緑化運動生ノ松原臥龍梅建長寺鳳源寺清見寺親しく善峰寺農具貴人イネ中苗

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手植えの関連情報