コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植える ウエル

デジタル大辞泉の解説

う・える〔うゑる〕【植える】

[動ア下一][文]う・う[ワ下二]
草木を育てるために、種子や苗を地中に埋める。「山に木を―・える」
小さいものや細いものをはめ込む。植え込む。「ブラシに毛を―・える」「活字を―・える」
細菌などを育てる所に、もとになるものを移し入れる。「痘苗(とうびょう)を―・える」
思想・教義などを、しっかりと教え込み、根付かせる。「倫理観を―・える」
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→植ゆ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うえる【植える】

( 動下一 ) [文] ワ下二 う・う
植物の根や種を土中に埋めて育つ状態にする。 「庭に松を-・える」 「花を-・える」
もとになるものを他から移して育つようにする。 「菌を-・える」
(比喩的に)新しい思想などを定着させる。 「男女平等の思想を-・える」
くい・活字・毛などを固定して立てる。植え込む。はめ込む。 「杭を-・える」 「かつらに毛を-・える」 〔上代からの語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

植えるの関連キーワード植え付け・植付け大田植え・大田植植え肥・植肥種芸・種藝正条植えプラント早苗打ち防風林砂防林寄植え地植え田起し樹木葬根回り防火樹竹酔日鉢植え植付け植木鉢手植え

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植えるの関連情報