コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植(え)付ける ウエツケル

デジタル大辞泉の解説

うえ‐つ・ける〔うゑ‐〕【植(え)付ける】

[動カ下一][文]うゑつ・く[カ下二]
位置を決めて植物を植えて根づくようにする。特に、稲の苗を田に植える。「キャベツの苗を―・ける」
印象や考えなどを心にしっかり刻みつける。「公徳心を―・ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

植(え)付けるの関連キーワードハナトラノオ(花虎の尾)リビングストンデージーハナニラ(花韮)天燈鬼・竜燈鬼像フリティラリアオーニソガラムサンダーソニアスパラクシススプレケリアフロック加工キルタンサスキクイムシイキシアリコリス思想統制斜面培養ネリネ正条植作付け掘棒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android