コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手矢/手箭 テヤ

デジタル大辞泉の解説

て‐や【手矢/手×箭】

手裏剣のように敵に投げつける武器。総体が矢の形で、長さ40センチほどの竹または木の細い棒の先端に10センチくらいの鏃(やじり)を付け、矢羽をつけて一端に緒を結んだもの。
手に持った矢。
「蔀(しとみ)の下がはと突き落とし、―取りて差し矧(は)げ申しけるは」〈義経記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

手矢/手箭の関連キーワード打ち矢・打矢一手矢片手矢一手諸矢片矢