コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち時雨る ウチシグル

デジタル大辞泉の解説

うち‐しぐ・る【打ち時雨る】

[動ラ下二]
さっと時雨が降る。
「今日ぞ冬立つ日なりけるも著(しる)く―・れて、空の気色いとあはれなり」〈夕顔
涙を流す。涙ぐむ。
「まみの辺り―・れて、ひそみ居たり」〈・若菜上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android