コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐刀 フトコロガタナ

デジタル大辞泉の解説

ふところ‐がたな【懐刀】

懐中に所持する護身用の小さい刀。懐剣(かいけん)。
腹心の部下。「社長の懐刀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふところがたな【懐刀】

常に懐や帯の間に挟んで持っている小さな守り刀。懐剣。
機密に参与する腹心の部下。腹心。 「社長の-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

懐刀の関連キーワードヨアヒム レーヴレオン ブリタンパスカル ラミー伊東 巳代治横田 千之助後藤田正晴古島 一雄芦原 義重ベレゴボア白洲 次郎菊池郡蔵阿波戦争長野主膳江 丙坤鈴木敏文一心太助千利休天海懐剣社長

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐刀の関連情報