懐刀(読み)フトコロガタナ

デジタル大辞泉の解説

懐中に所持する護身用の小さい刀。懐剣(かいけん)。
腹心の部下。「社長の懐刀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 懐や帯の間にはさんで携帯する小さい守り刀。懐剣。
※長門本平家(13C前)一「昇殿の人の、五節の坊にて懐刀さすことなし」
② 知謀にたけ、秘密の計画や相談などにあずかる腹心の部下。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「殊に慶喜が懐刀とも言ふべき水戸出身の原市之進とは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐刀の関連情報