コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打它光軌 うつだ みつのり

4件 の用語解説(打它光軌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

打它光軌 うつだ-みつのり

うちだ-みつのり

打它光軌 うちだ-みつのり

1674-1731 江戸時代前期-中期の歌人。
延宝2年生まれ。中院通茂(なかのいん-みちしげ)・通久(みちひさ)にまなぶ。元禄(げんろく)16年陸奥(むつ)中村藩(福島県)に和歌師範としてまねかれた。享保(きょうほう)16年8月22日死去。58歳。京都出身。通称は十右衛門。号は雲泉,藻虫庵。姓は「うだ」「うつだ」ともよむ。家集に「藻虫集」。

打它光軌 うだ-みつのり

うちだ-みつのり

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

打它光軌

没年:享保16.8.22(1731.9.22)
生年:延宝2(1674)
江戸中期の歌人。姓は「うった」とも。陸奥国中村藩(福島県相馬市)和歌師範。幼名鶴千代。通称十右衛門。号は藻虫庵,雲泉。歌人打它公軌の孫である景軌の子として京都に生まれた。和歌を中院通茂・通久に学ぶ。雲泉の名は通茂に賜ったもの。北村季吟父子ら当代一流の歌人と親しかった。同じ中院通茂門の高弟で中村藩主相馬昌胤の縁で藩に招かれ,元禄16(1703)年11月,和歌師範となって下り,禄100石20人扶持を与えられ,以後30年和歌の普及に努めた。家集『藻虫集』は現存せず,光軌の歌は多くは伝わっていない。<参考文献>小高敏郎「打它公軌とその子孫」(『近世初期文壇の研究』)

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone