打(ち)盤(読み)ウチバン

デジタル大辞泉の解説

うち‐ばん【打(ち)盤】

能楽の囃子方(はやしかた)が鼓などのけいこをするとき、張り扇で打ち鳴らす板。
洗濯した衣類を棒でたたいて柔らかくするのに使う木製の台。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ばん【打盤】

〘名〙
① せんたく物を打って柔らかくするための木製の台。
俳諧坂東太郎(1679)秋「打盤や桜の吉野小夜衣〈才丸〉」
浄瑠璃心中宵庚申(1722)下「糊かい物が干あがろがな。とりへてたたんで打ばん出してちょきちょきとうて」
能楽で、大鼓小鼓、太鼓などをけいこするとき、張り扇で打ち鳴らす拍子盤の俗称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android