打(ち)粉(読み)ウチコ

デジタル大辞泉の解説

うち‐こ【打(ち)粉】

刀剣の手入れに用いる砥粉(とのこ)。
汗取りのために皮膚につける粉。汗取りの粉。天花粉の類。
そば・うどん・餅(もち)などを伸ばすときに、粘り付かないように振りまく粉。でんぷん・小麦粉などを用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐こ【打粉】

〘名〙
① 刀を手入れする時に使う砥粉(とのこ)。湿気や汚れなどをぬぐい取るために、布に丸く包んで刀身を軽くたたくようにして使う。
※ぢいさんばあさん(1915)〈森鴎外〉「刀剣に打粉(ウチコ)を打って拭(ふ)く」
汗取りの粉。天花粉(てんかふん)
③ 三味線の棹(さお)のすべりをとめるためにつける粉。
※雑俳・歌羅衣(1834‐44)八「しっとり弾く子打粉手に撥の冱へ」
④ そば、うどんなどをのばすときに、べたつかないようにふる粉。
※雑俳・柳多留‐七四(1822)「打粉ほど庵の明地に蕎麦の花」
⑤ おしろい。また、化粧すること。
※教部省達第二六号‐明治六年(1873)七月五日「神仏祭礼開扉等之節〈略〉従来之弊風に泥み奇怪之打粉或は男女姿粧を易へ候等之儀有之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の打(ち)粉の言及

【タルカム・パウダー】より

…そのほか,防臭剤入りのデオドラント・パウダー,殺菌剤入りのフット・パウダー,乳幼児のあせも・ただれ予防に用いるベビー・パウダー(シッカロールは1916年に出された和光堂の商品名),アフターシェービング・パウダーがあるが,これらも基剤はタルカム・パウダーとほとんど変わらない。なお,カラスウリの粉を主とした天瓜(花)粉(てんかふん)や打粉(うちこ)も同種の化粧品で,いずれも江戸時代から使われていた。【高橋 雅夫】。…

※「打(ち)粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android